令和3年月報





令和3年1月(2月3日記)
 
1月の受診の方は約1,090名でした。やはり、不安、抑うつの方が増えました。行動制限が一年になっても出口が見えず、今でも2,3週間先の予定も入れられません。娯楽が少なく、こころの‘コロナ疲弊”が深刻です。一方、菅総理が迷走しているようです。管氏は“優秀な番頭”であって、首相の器ではないと考えます。自分自身の政治理念や世界観を持っているようには思えません。これまでは姿勢を低くして人間関係をそつなく調整し、与えられた課題を 時には権謀術数を用いながら、巧妙に処理してきた古いタイプの日本の政治家と思います。バイプレーヤーとしては優秀でも“自分がトップに立つと、哲学、思想がないため、一貫した主張がなく 自分の頭で決断できず、周囲の声に右往左往しているのではないかと思います。“名演奏家、必ずしも名指揮者ならず”です。コロナという未曾有の国難の時に器でない総理は大いなる不幸と言ってよいとおもいます。



令和3年2月(3月3日記)
 
2月の受診の方は約1,040名でした。1ヶ月間すべて 緊急事態宣言下であったことが影響していると思います。思えば、昨年3月に学校が休校となってから丸一年たちました。今はワクチンの話題が沸騰してるようです。医師会などからの連絡が毎日のようにありますが、方針が二転三転しています。私個人はワクチン接種は受けたいですが、一般の来院の方にワクチンを注射したくはないです。私にはアナフィラキシーショックなどにすばやく対応するなど不可能です。そうなるとある程度限られた数の医師が一億人余の人々に 2回接種することになります。その実際の方法は想像もつきません。さらに公平性が失われれば、接種が高額(せり値)で行われることになると思います。かつて日本の政治家や官僚は 志あり、世界一クリーンと言われましたが、今や忖度や贈収賄が次々と明らかになり、その中には首相の息子まで登場する時代です。せり値での接種もあり得ないことではありません。



令和3年3月(4月3日記)
 
3月の受診の方は約1,090名でした。やはりコロナ関連の新患の方が目立ちました。コロナ禍以後、精神科への入院は減少していると思います。現在、入院すれば 原則的に「面会できない、外出できない」状態となります。それを理由に入院治療を拒否される方が目立ちます。特に「家庭や仕事から離れてゆっくりしたい」など休養目的の入院は 当院でも昨年以降は皆無に近いです。精神科医療の入院から外来への流れが一挙に加速した感じです。さらに日本の精神科病床数は世界でも抜群に多いことが知られていますが、コロナ禍は期せずして入院患者数、ひいては病床数を減少させると思います。今後、コロナ感染が固定化すれば、(戦後 多くの結核の隔離病院が精神科病院に転換ように) 今度は精神科病院は“コロナ隔離病院”に変身する事態になるのかもしれません。
○大阪は感染爆発しているようです。







前の年へ





クリニックの最新の出来事はSNSで




受診状況,連絡にも



Facebook



Twitter





月報INDEXへ



トップページに戻る