令和3年月報





令和3年1月(2月3日記)
 
1月の受診の方は約1,090名でした。やはり、不安、抑うつの方が増えました。行動制限が一年になっても出口が見えず、今でも2,3週間先の予定も入れられません。娯楽が少なく、こころの‘コロナ疲弊”が深刻です。一方、菅総理が迷走しているようです。管氏は“優秀な番頭”であって、首相の器ではないと考えます。自分自身の政治理念や世界観を持っているようには思えません。これまでは姿勢を低くして人間関係をそつなく調整し、与えられた課題を 時には権謀術数を用いながら、巧妙に処理してきた古いタイプの日本の政治家と思います。バイプレーヤーとしては優秀でも“自分がトップに立つと、哲学、思想、信条がないため、一貫した主張がなく 自分の頭で決断できず、周囲の声に右往左往しているのではないかと思います。“名演奏家、必ずしも名指揮者ならず”です。コロナという未曾有の国難の時に器でない総理は大いなる不幸と言ってよいとおもいます。



令和3年2月(3月3日記)
 
2月の受診の方は約1,040名でした。1ヶ月間すべて 緊急事態宣言下であったことが影響していると思います。思えば、昨年3月に学校が休校となってから丸一年たちました。今はワクチンの話題が沸騰してるようです。医師会などからの連絡が毎日のようにありますが、方針が二転三転しています。私個人はワクチン接種は受けたいですが、一般の方にワクチンを注射したくはないです。私にはアナフィラキシーショックなどにすばやく対応するなど不可能です。そうなるとある程度限られた数の医師が一億人余の人々に 2回接種することになります。その実際の方法は想像もつきません。さらには、ワクチンもすべての希望者に行き渡らない事態も予想されます。外国製のワクチンを購入する費用もバカにならないでしょう。そうなると、ワクチンは「任意接種。費用は自己負担で」となる懸念があります。お金のない人は受けられない事態になります。(インフルの予防接種は実際上これに近いですが)かつて日本の政治家や官僚は 志(こころざし)あり、世界一クリーンと言われましたが、今や忖度や贈収賄が次々と明らかになり、その中には首相の息子まで登場する時代です。彼らにワクチンの数量を確保して 国民に無償で公平に配布できる能力が残っているか心配です。平行して国産ワクチンも全速力で達成してほしいです。




令和3年3月(4月3日記)
 
3月の受診の方は約1,090名でした。やはりコロナ関連の新患の方が目立ちました。コロナ禍以後、精神科への入院は減少していると思います。現在、入院すれば 原則的に「面会できない、外出できない」状態となります。それを理由に入院治療を拒否される方が目立ちます。特に「家庭や仕事から離れてゆっくりしたい」など休養目的の入院は 当院でも昨年以降は皆無に近いです。精神科医療の入院から外来への流れが一挙に加速した感じです。さらに日本の精神科病床数は世界でも抜群に多いことが知られていますが、コロナ禍は期せずして入院患者数、ひいては病床数を減少させると思います。今後、さらにコロナ流行が長期固定化すれば、(戦後 多くの結核の隔離病院が精神科病院に転換したように) 今度は精神科病院は“コロナ隔離病院”に変身する事態になるのかもしれません。
○大阪は感染爆発しているようです。



令和3年4月(5月3日記)
 
4月の受診の方は約1,120名でした。大阪は特に感染爆発状態で、外出もはばかられている状態です。この事態が国や府の無為無策によるものであることは明白ですが、もう一つ、気になることがあります。世間全般が皆、政治に異常に強い関心を持っていることです。(以前には誰か首相をしてるか知らない時代もあったように記憶しています)しかも強い行動規制や人権の制限を主張する政治家ほど人気を博しているようです。この状況下ではファシズム(独裁)の台頭が心配です。ここでヒトラーのような狂信的人物が登場し、確固とした態度で声を大にして 強い統制を主張すれば、一気に国民がなびいてしまうのではないでしょうか。ファシズム政治は当初は統制が成果を上げますが、最終的にすべて悲劇で終わることは歴史が証明しています。さらに自由民主の国でも 大義名分さえあれば、今後、各国政府はいつでも国民に行動制限かけることができることがわかったと思います。反政府運動の弾圧や人権侵害に利用されないか懸念されます。




令和3年5月(6月3日記)
 
5月の受診の方は約1,090名でした。やはり、不安、抑うつの新患の方が目立ちました。行動制限が一年以上になったので不満や閉塞感が非常に強くなっています。最近、80歳代の患者さんが、(私のH病院時代から数えると30年近いお付き合い)3月にコロナで他界されたことを知りました。近くだったので お焼香をしました。写真を目にして様々なことを思い出していると、(天寿に近いとは言え)これは自然死や災害死ではないという思いがフツフツとわいてきました。戦争や原発事故に比肩する巨大な人災です。コロナの流入を防げなかったなどの政府の数々の無策、さらにその原因の中国の隠蔽 等々に思い巡らせると、憤りを禁じえませんでした。人間の感情は理論では押さえられません。おそらくは死者(関連の自死者も)の数だけ世界中に怨嗟の声が上がっていると感じました。




令和3年5月(7月3日記)
 
6月の受診の方は約1,100名でした。5月末頃から“休職”の診断書を多く発行しています。特に4月に転入職した方(2年目も)が多いです。その原因はコミュニケーション不足と思います。コロナ禍以降、ほとんどの職場で、仲間同士での飲食やレクリエーションが禁止になっており、また、多くの所で定時での直帰やリモートワークとなっています。面接もリモート、入社の手続きもWebのため、入社式まで職場に行ったことがなかった人もいました。新人が悩んでも仲間に本音で相談する機会がありません。対人接触の強制的な制限のため、助言が得られず、一人では処理しきれないため、うつ状態となって 心療内科を受診、休職となっています。言わば「現実との生ける接触の不足」が「貧しい自閉」を起こし、各種の精神変調が引き起こされています。この問題は、新人に限らず、さらには日本にも限らず、世界規模でおこっていると思います。マクロな経済面でも影響を与えていると思います。






前の年へ





クリニックの最新の出来事はSNSで




受診状況,連絡にも



Facebook



Twitter





月報INDEXへ



トップページに戻る