令和6年月報









令和6年1月(2月3日記) 
 1月の受診の方は約1,050名でした。元日から震災があり、飛行機事故も続きました。世界ではガザやウクライナの悲劇があり、震災、事故、戦争の悲惨な動画が、心療内科受診の方を増やしているのは確実です。おそらく、世界に新聞しかなく、言葉と絵や写真しかなかった頃に比べれば、その衝撃は数倍、数十倍に及ぶのはないでしょうか。SNSとスマホの普及が拍車をかけています。とりわけ戦争は人間が起こしていることだけに心が痛みます。世界中 全ての人が平穏な暮らしを望んでいるはずですが、人類が“民族”“国家”“宗教”などの集団を形成すると、古今東西 何れでも 戦争が起こります。不思議なことです。
○私ごとですが、一月、古稀を迎えました。“古来 稀”な歳と言う表現は実感として 違和感があります。特に大きな病気なく、間違いもなく、診療を続けられていることを皆様に感謝します。これからは無理をせず、一日も長く診療を続けたいと心から願っています。

令和6年2月(3月3日記) 
 2月の受診の方は約1,060名でした。心療内科の需要の多さは驚く程です。株価が史上最高となりましたが、生活上では好景気の実感はありません。むしろ、今の世界は何か間違っていると感じます。このことは多くの方も共通に感じておられると思います。UNIVERSE25 というマウスの実験があります。生命をおびやす存在(天敵)がなく、食糧、空間が十分満ち足りてしまう環境にすると、(マウスにとってはユートピア)最後は出生数がへり、マウスは絶滅するそうです。(地球上の生命に致命的欠陥がある可能性があり)これは、繁栄を極める人類の現在の状況ではないでしょうか。さらに人類には 核兵器や気候変動の問題もあります。ただ 人類には知性があるので絶滅への道が回避されることを望むのみです。









前の年へ






クリニックの最新の出来事はSNSで




受診状況,連絡にも



Facebook



Twitter



月報INDEXへ


トップページに戻る